昨日、京都市上京区にて玄関の木製引戸をアルミ引戸に取り替えました。
長年の雨風により劣化が進み開閉に支障をきたしていたことや耐久性でも十分ではなかったため、この度アルミ製の引戸への取り替えとなりました。

木製の建具はそれならではの味はあるのですが、ガラスの厚みが薄く、建て付けや気密性も良くなく台風などの強風時にはガラス割れや大きいがたつき音があったりしておちおち寝てられないという不安感はどうしてもあります。やはり玄関についてはアルミ製にしてそういった不安感を解消すべきでしょう。特にガラスは防犯ガラスを使用し頑丈さを高めました。
今回は出入口につきアルミ枠の敷居を土間に合わせてフラットにしてつまづきが起きないよう、従前の敷居を土間をハツって除いた上でモルタルで固めました。

《施工後》《施工前》

LINEで送る