窓ガラスの種類|京都で窓のリフォームなら「株式会社Imaガラス」

  • 080-2455-9447

    075-332-0918


    営業時間:8:30~20:00 定休日:日・祝

窓ガラスの種類

お客様のご要望に合わせた
窓ガラスをご提案

住まいの中の至るところにある窓ガラス。
当社では、長きにわたってガラスを専門的に取り扱ってきており、その知識やノウハウには自信があります。
お客様のご要望をお聞きした上で、その住まいに最適な窓ガラスをご提案いたします。
近年では、機能性を持った窓ガラスが続々と登場してきており、「断熱ガラス」「防犯ガラス」など、暮らしをより豊かにできるものが揃っております。現在あるサッシをそのまま使用し、アタッチメントを装着してガラスのみを交換することができますので、経済的な負担を抑えながらも、より機能的なガラスへとステップアップできます。
詳しくはぜひお問い合わせください。

断熱ガラス(Low-Eガラス・真空ガラス)

寒い冬を室内で過ごすとき、いつも暖房器具に頼りすぎてしまいがちです。
しかし、断熱ガラスなら室内に太陽光を取り込み、暖房熱を外へ逃さず、いつも暖かな室内を実現させられます。
断熱ガラスは2種類あり、複層ガラスに特殊な膜をコーティングしているLow-Eガラスは、1枚だけのガラスとほぼ厚さは変わらないにもかかわらず、大変優れた断熱性を発揮します。
さらに効果が高いのが真空ガラスで、ステンレスの魔法瓶と同じ仕組みになっており、室内温度をいつも快適にしてくれるのに加えて、結露の発生も抑えることができます。

防犯ガラス

世界的に、日本は安全な国といわれています。しかし、頻繁にニュースで空き巣被害をみて不安になるご家庭も多いはず。
空き巣の侵入手口でもっとも多いのは、ガラス破りです。大切なお住まいとご家族を守るために、今、防犯ガラスが大きな注目を浴びています。
防犯ガラスとはどういうものかご存知でしょうか?
1枚ガラスはもちろん、網がはいったガラスも破られやすく、防犯には不向きです。
防犯ガラスは、2枚のガラスの間に特殊なフィルムをいれることで非常に割れにくい素材になります。万が一、割れたとしてもガラスの破片が飛散しにくいため、安全性にも優れています。
防犯対策以外でも、震災時におこるガラス割れ被害の減少にも期待することができます。

窓ガラスの割替工事も承ります

「誤って窓ガラスを割ってしまった」…どんなご家庭でも起こりうるトラブルです。
窓ガラスが割れてしまったとき、どのような対処をされますか?
割れたガラスは地面に破片が散乱しています。
後片付けをする際、ガラスの破片が足や手に刺さってしまい、大きな怪我に繋がることも少なくはありません。

当社にご連絡いただければ、突然起こる窓ガラスのトラブルや修理にも、迅速に対応いたします。長年の経験があるため、どんな割替工事のご依頼にも確実・丁寧にお応えすることができます。
経験豊富なプロの職人が対応いたしますので、ご安心ください。
一般住宅以外もご相談いただけます。

ページトップへ戻る