窓の断熱化は必要でしょうか?|京都で窓のリフォームなら「株式会社Imaガラス」

  • 080-2455-9447

    075-332-0918


    営業時間:8:30~20:00 定休日:日・祝

お役立ち情報

窓の断熱化は必要でしょうか?

戸建て・マンションを問わずご自宅に窓が何カ所あるでしょうか?

窓は部屋ごとに1カ所はあり、部屋の大きさによっては一部屋につき2~3カ所付いていることも多いでしょう。そうなると戸建て住宅では10カ所以上の窓があるのではないでしょうか。

住宅に何気についている“窓”、その役割は、「風通しのため」、「明かりを採るため」、「ベランダでの出入り口になっているため」などでしょうか。

それら役割を果たすために付いている“窓”にはなりますが、実は住居の“快適性”に大きな影響力を持っている存在であるということも意識しなければなりません。

熱の出入り

窓が住居の快適性に大いに影響しているというその答え、それは窓自体が〝熱が出入りする場所〟になっているということです。

『窓はもともと壁ではないので開け閉めするだけで外部との行き来ができる場所になるからそれはそうだろう』というご意見もあるでしょう。ただ、ここで言う〝熱が出入りする場所〟は開閉に限らず閉め切ったままでも、言い換えれば窓が在ること自体がそういう場所になっているということです。

特にその窓が、複層ガラスではない、ハイブリッドサッシ(外側がアルミ、内側が樹脂製)や樹脂サッシではないという場合には、そこが熱の出入りの根源になっていると考えても良いでしょう。

その理由として、住居において《夏の場合》外から室内に熱が窓から侵入する割合はおおよそ7割、《冬の場合》室内から外に熱が窓から出ていく割合はおおよそ5割と言われているからです。

夏場におけるエアコンの冷房、冬場の暖房の効きを良くし持続させるという快適な住居環境にするためには窓が大いに関係しているということになります。

もちろん、エアコンがなかった時代のように家の風通しをよくしたり、うちわを使ったり、ストーブやこたつを使用するなどの方策はありますが、特に昨今のような真夏日の暑さはこれまでの予想をはるかに超えて耐え難いものとなりエアコンなしでは通常に過ごすことが不可避となってきているなど、エアコンは住居を快適にするために欠かせないものになってきています。

エアコンの冷暖房を効率・継続的に稼働させるためには、熱の出入りを如何に抑制させるかが重要になるというになります。

熱の出入りを抑制させる窓、いわゆる「断熱性能の高い窓」になっているかをご自宅の窓を確認しなければなりません。

結露の発生

『冬場の困る自然現象』、“結露”

結露も窓における熱の出入りが起因している迷惑な事象になります。

結露は、簡単に言うと空気中の浮遊する水蒸気が冷えた窓にあたることで水に変化する現象であります。

これを発生させないためには、「換気を細目に行い部屋にある水蒸気の量を少なくすること」または「窓自体が冷えないようにすること」ということになってきますが、前者の「換気」は、冬場での細目な換気は正直寒く体に堪えますし、エアコンの暖気も一緒に逃げてしまい電気代の面でも良いことが少ないでしょう。

そうなると後者の「窓自体が冷めないようすること」のためには、やはり「断熱性能の高い窓」にすることが必要になってきます。

断熱性能が高くなれば、部屋で通常的に発生する水蒸気の量であれば、それが窓に当たったとしても水に変化することはだいぶと軽減できるでしょう。

結露の抑制は、“毎朝の窓拭きからの解放”をはじめ、“窓回りのカビ発生の抑制”“窓額縁の腐食の抑制”など住居の快適性を促す大きな一歩となることでしょう。

どのように高い断熱性能の窓にするか

エアコンと一体となった住居の快適性、結露発生を抑制した住居の快適性をみてきました。

これらを達成するために行わなければならない「断熱性能の高い窓」、どうすれば良いのでしょうか。

その方法とは、ずばり言えば ①外窓取替 ②ガラス取替 ③内窓取付 しかありません。

この3つの方法は、窓リフォームになります。

住宅を一新するような大きな取り替えではなく、窓のみ性能の良いものに取り替えてしまうというリフォームです(前回のお役立ち情報『意外に知らない窓リフォームの種類と特徴とは?』で明記)。

もちろん、予算に余裕がある場合は全面的に取り替えてしまうことがベストですが、窓リフォームであれば幾何かの予算で前述した通り、住居の快適性にとって何気に重要なポジションである“窓” を断熱性能の高いものに替えることができるのでリフォームの中でも優先順位の高い位置付けであります。

まとめ

昔の基準・性能のままの住宅を現代のスペックの高いものに取り替えるリフォーム需要は益々高まっていますしそれに合わせてリフォーム商材も次々と誕生してきており、当社のようなガラス・サッシ業者のみで窓リフォームを完成させることができるようになりました。

単一業者だからこそ捉えられる窓ニーズにこれからも対応していきます。京都市をはじめ、宇治市・城陽市や亀岡市などの京都府内において窓リフォームのニーズに対応をしていきます。

ページトップへ戻る